がん検診の流れとはどんなものか

日本人の死因の1つとなっているがんに絞って検査をするのががん検診です。

がん検診は一次検診、二次検診にあたる精密検査、がんの確定診断、治療開始という流れになります。

がん検診について知りたいならこのサイトが参考になります。

一次検診ではスクリーニングと呼ばれるガンかもしれない人と健康で問題がない人を振り分ける検査を行います。
これはどのガンの検診かによっても検査方法が違うのですが、例えば胃がんの検診であればX線検査ですし、乳がんですと視診と触診、マンモグラフィー検査によって判断されます。

そして一次検診で異常があると認められた場合にはより詳しく検査する精密検査を行います。


日本人がよくかかる5大ガンがあります。

肺がん、子宮がん、胃がん、乳がん、大腸がんです。
この中で最も多いのが肺がんです。

喫煙者がかかりやすい病気ですが、非喫煙者であってもかかります。

そして日本人に多いのが胃がんです。



特に食塩を多くとる地域に住んでいる方に多いです。


この2つにしぼってがん検診についてみてみましょう。


肺がん検診の対象者は40歳以上の方で年に1度の検査を行います。問診、肺X線検査、喀痰細胞診を行います。

喀痰細胞診の対象者は50歳以上で喫煙指数が600以上の人や40歳以上で6か月以内に血痰のあった人です。

検査結果は検査後10日から1か月ほどで書類で届きます。



胃がんの場合は40歳以上の方が対象者で年に1回行います。


検診内容は問診と胃のX線検査を最低7枚ほど撮影します。

肺がんの結果と同じく検査後10日から1か月ほどで書類で届けられます。